사랑이었다(It Was Love) - TAEIL テイル(blockb) 【歌詞和訳ルビ】



アl ス オpタ
알 수 없다
分からない

ヌn ットゥゴ ックmックヌn キブニl ッカ
눈 뜨고 꿈꾸는 기분일까
目を開けて夢をみている気分かな

クェニ カスミ ソラnスロウォジゴ
괜히 가슴이 소란스러워지고
やけに胸が騒がしくなって

クリウmド キョŋホメポnダ
그리움도 경험해본다
恋しさも経験してみる

ネゲ ジットn ウスミ 
내게 짓던 웃음이
僕に見せた笑顔が

チャm イェッポッチマn
참 예뻤지만
とても綺麗だったけど

ニ マムn ハŋサŋ 
네 맘은 항상
君の心はいつも

ピョジョŋウl チッチ アナ
표정을 짓지 않아
表情を浮かべない

サŋチョ ナn ゴットゥルl ポヨジュミョnソ
상처 난 것들을 보여주면서
傷ついたのを見せながら

ユ パッキl コジョl ハヌn ノl ボミョ
치유 받길 거절하는 널 보며
癒されるのを拒む君を見て

ネガ ハl ケ モットェヌnグナ
내가 할 게 못 되는구나
僕ができることはないんだな

ヒmドゥl ダ
힘들다
つらいよ

シガn チナミョn タ オpソットnニl
시간 지나면 다 없었던 일
時間が過ぎれば すべてなかったこと

チャmシ ミチョッタ セŋガnヌnデ
잠시 미쳤다 생각했는데
一時どうかしてるだけって思ってたけど

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

イジェ ワ ポニ サラŋハnゴヨッタ
이제 와 보니 사랑한 거였다
今 思えば 愛してたんだ

ナダpチ アnトn マl グヮ ヘŋドŋイ
나답지 않던 말과 행동이
僕らしくなかった言葉と行動が

モッテロ グl ゴ イnヌn シmジャŋイ
멋대로 굴고 있는 심장이
勝手に高鳴る心臓が

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

ナボダ ソジュŋハn ゲ イッソッタ
나보다 소중한 게 있었다
僕より大切なものがあった

オnジェッチュm ノn
언제쯤 넌
いつになれば君は

ネ イルm ブl ロジュl ッカ
내 이름 불러줄까
僕の名前を呼んでくれるだろうか

ノl ッコnヌnダゴ 
널 꺾는다고
君を摘んだら

ク ヒャŋギガ ネ ゲ トェl ッカ
그 향기가 내 게 될까
その香りは僕のものになるだろうか

ノn ッスl ッスラメ デヘ イェギハミョnソ
넌 쓸쓸함에 대해 얘기하면서
君は寂しさについて話しながら

アナジュリョヌn ネ ソヌl ミl チョッ
안아주려는 내 손을 밀쳤어
抱きしめようとする僕の手を押しのけた

チェニョmハl チャギョkト オmヌn ナ 
체념할 자격도 없는 나
諦める資格もない 僕は

クェロpタ
괴롭다
苦しいよ

シガn チナミョn タ オpソットnニl
시간 지나면 다 없었던 일
時間が過ぎれば すべてなかったこと

チャmシ ミチョッタ セŋガnヌnデ
잠시 미쳤다 생각했는데
一時どうかしてるだけって思ってたけど

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

イジェ ワ ボニ サラŋハnゴヨッタ
이제 와 보니 사랑한 거였다
今 思えば 愛してたんだ

ナダpチ アnトn マl グヮ ヘŋドŋイ
나답지 않던 말과 행동이
僕らしくなかった言葉と行動が

モッテロ グl ゴ イnヌn シmジャŋイ
멋대로 굴고 있는 심장이
勝手に高鳴る心臓が

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

ナボダ ソジュŋハnゲ イッソッタ
나보다 소중한 게 있었다
僕より大切なのものがあった

イジェ ト イサŋウn
이제 더 이상은
もうこれ以上

トゥkピョラムl チャッチ アナ
특별함을 찾지 않아
特別さを探さない

ノl ッチョnヌラ トゥゴ ガn 
널 쫓느라 두고 간
君を追うために置き去りにした

ウォl レエ ナルl チャジャ
원래의 나를 찾아
元の自分を探す

ホnジャ ハn サラŋウn 
혼자 한 사랑은
ひとりでした愛は

ススロ イビョl ヘヤ トェネ
스스로 이별해야 되네
自ら別れを告げないとね

シガn チナミョn タ オpソットnニl
시간 지나면 다 없었던 일
時間が過ぎれば すべてなかったこと

チャmシ ミチョッタ セŋガnヌnデ
잠시 미쳤다 생각했는데
一時どうかしてるだけって思ってたけど

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

イジェ ワ ボニ サラŋハnゴヨッタ
이제 와 보니 사랑한 거였다
今 思えば愛してたんだ

ナダpチ アnトn マl グヮ ヘŋドŋイ
나답지 않던 말과 행동이
僕らしくなかった言葉と行動が

モッテロ グl ゴ イnヌn シmジャŋイ
멋대로 굴고 있는 심장이
勝手に高鳴る心臓が

サラŋイオッタ サラŋイオッタ
사랑이었다 사랑이었다
愛だった 愛だった

ナボダ ソジュŋハnゲ イッソッタ
나보다 소중한 게 있었다
僕より大切なものがあった

ナボダ ソジュŋハnゲ イッソッタ
나보다 소중한 게 있었다
僕より大切なものがあった



【사랑이었다】
作詞 지코(ZICO) 
作曲 지코(ZICO), Pop Time
編曲 지코(ZICO)
5th Mini Album「BLOOMING」
2016-04-11

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

ブログRANKING

にほんブログ村 音楽ブログ 歌詞・フレーズへ
応援クリック、励みになります(´∀`*)

検索フォーム

Artist

韓国ドラマOST

人気記事

 1位

 DON'T TOUCH ME

 Refund Sisters

 2位

 FEVER (Feat. 수퍼비, BIBI)

 J.Y.Park (パク・ジニョン)

 3位

 Please Don't Leave Me

 J.Y.Park(パク・ジニョン)

 4位<シークレットガーデン>

 その男

 ヒョンビン

 5位

 呼ぶ

 ソ・イングク

 6位<梨泰院クラス>

 始まり

 Gaho

 7位<大君~愛を描く~>  Love Is So Mean

 ソン・スンヨン

 8位<愛の不時着>

 Sunset

 Davichi

jypnwe.jpeg  9位

 When We Disco

 J.Y.Park(Duet with ソンミ)

 10位<空から降る一億の星>

 Lost

 アン・ジヨン

 

Profile

 

管理人:チョア


韓流沼の住人、いるぼんさらむ。

現在TOPIK5級。


パッチムは発音記号で、

激音(息を強く吐く音)はピンクの文字で示しました。


リクエスト・間違い・リンク切れなど、 各記事コメント欄よりお気軽にどうぞ♡

その他、直接のコンタクトには、 下記メールフォームをご利用ください。

私の個人メールに届きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: