Hellevator - Stray Kids【歌詞和訳ルビ】



ネ サl ムn ミッパダŋ ナŋットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底 崖っぷち

オドゥウn ノl ソグl コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いてる

ネゲ チャニナゴ トゥリョウn ハルルl
내게 잔인하고 두려운 하루를
僕にとって残酷で恐ろしい一日を

ホl ロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えてる

モロジョ ガヌn キョシl ポkト
멀어져 가는 교실복도
遠ざかっていく教室の廊下

ナッソn キl ウィエ 
낯선 길 위에
見知らぬ道の上

チジリド ポkト オpチ
지지리도 복도 없지
あきれるほど幸福もない

ネガ マnヌn ギルl ガヌnガエ
내가 맞는 길을 가는가에
僕が正しい道を進んでいるのかに

タp ハl チドド
답 할 지도도
答える地図も

ハナ オpシ
하나 없이
ひとつもなく

ウィロ ガヌn ギルn
위로 가는 길은
上へ進む道は

チョl テ タシn トィロ カギ シルn
절대 다신 뒤로 가기 싫은
絶対に 後戻りしたくない

マŋマn ミロヤ
막막한 미로야
果てしない迷路だ

ヌnムl テシn
피눈물 대신
血の涙の代わりに

ピッタm フl リミョ
피땀 흘리며
血の汗を流して

ナルl ウィロヘ
나를 위로해
自分を慰める

サラmドゥルn ネゲ マレ
사람들은 내게 말해
みんな 僕に言う

ク ジョŋドエ コビヌn
그 정도의 고비는
その程度の峠は

チナガヌn ソナギラゴ
지나가는 소나기라고
過ぎゆく夕立だと

ソŋゴŋウl ナックリョマn トゥリョウォド
성공을 낚으려면 두려워도
成功するためには怖くても

シl ラヌn トチュl ッカl ラゴ
실패라는 덫을 깔라고
失敗という落とし穴を用意しろと

クレ ナヌn コŋイラn
그래 나는 고통이란
そうさ 僕は苦痛という

ミッキルl トpソŋ ムnチェ
미끼를 덥석 문채
餌にくらいついたまま

パŋファŋハヌn ゴヤ
방황하는 거야
さまようんだ

n ヨl ジョŋエ ナl ゲルl
지친 열정의 날개를
くたびれた情熱の翼を

チャmシ チョボドゥn チェ
잠시 접어둔 채
しばらく閉じたまま

ネ サl ムn ミッパダŋ ナŋットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底 崖っぷち

オドゥウn ノl ソグl コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いてる

ネゲ チャニナゴ トゥリョウn ハルルl
내게 잔인하고 두려운 하루를
僕にとって残酷で恐ろしい一日を

ホl ロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えてる

ソヌl レ ミロド
손을 내 밀어도
手を差しだしても

ナl チャバジュl サラムn
날 잡아줄 사람은
つかんでくれる人は

アムド オpソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アm ネ ヌnムルl 
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙に乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へと抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

アムゴット オpソ
아무것도 없어
何もない

ナl ウィハn ソnキルn
날 위한 손길은
僕を助ける手は

コkチョŋ ハナ オpシ
걱정 하나 없이
心配などひとつもなく

チャガウn マl ドゥl ップn
차가운 말들뿐
冷たい言葉だけ

オŋリ ックムn チョm チョボ
엉터리 꿈은 좀 접어
でたらめな夢はやめろ

ギラn マl ドゥリ
포기란 말들이
あきらめ という言葉が

ネ グィルl ッテリョガミョ
내 귀를 때려가며
僕の耳を叩き

チョl マŋガmマn ジョガ
절망감만 커져가
絶望感だけ大きくなっていく

ヒマŋイラn ハヌルl
희망이란 하늘을
希望という空を

チュビョn サラメ ソヌロ ガリnダ
주변 사람의 손으로 가린다
まわりの人の手が覆う

ナl サl リョ キドハミョ
날 살려 기도하며
僕を助けてと祈りながら

ティゴ イッソ
버티고 있어
耐えている

ナl ッチェリョボヌn
날 째려보는
僕をにらむ

ッタガウn シソnドゥレ
따가운 시선들에
厳しい視線に

シl ソŋハジ ハネ マネ
실성하지 하네 마네
おかしくなりそうだよ

チャl ドェオ ブヮッチャ
잘 되어 봤자
うまくいったところで

ヌグnガエ グァŋデ ロ バッケ アn ナムl 
누군가의 광대 로 밖에 안 남을
誰かのピエロにしかならない

ノn ガスラヌn チゴブn チボ チョ
넌 가수라는 직업은 집어 쳐
歌手という職業はやめろ

ク マルl トゥl ミョ
그 말을 들으며
その言葉を聞いて

ジョマn ガヌn
약해져만 가는
弱気になっていく

ネ チャシヌl ミl チョ ト
내 자신을 밀쳐 더
自分自身を押せ もっと

ネ サl ムn ミッパダŋ ナŋットロジ
내 삶은 밑바닥 낭떠러지
僕の人生はどん底 崖っぷち

オドゥウn ノl ソグl コッコ イッソ
어두운 터널 속을 걷고 있어
暗いトンネルの中を歩いてる

ネゲ チャニナゴ トゥリョウn ハルルl
내게 잔인하고 두려운 하루를
僕にとって残酷で恐ろしい一日を

ホl ロ ポティゴ イッソ
홀로 버티고 있어
一人で耐えてる

ソヌl レ ミロド
손을 내 밀어도
手を差しだしても

ナl チャバジュl サラムn
날 잡아줄 사람은
つかんでくれる人は

アムド オpソ
아무도 없어
誰もいない

ネ アm ネ ヌnムルl 
내 아픔 내 눈물을 타고
僕の痛み 僕の涙に乗って

ウィロ ッパジョナガゴ イッソ
위로 빠져나가고 있어
上へと抜け出している

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator

チャジャネ チュl グヌn オディエ
찾아내 출구는 어디에
探し出そう 出口はどこに

オドゥm ソゲ カチョイットn
어둠 속에 갇혀있던
暗闇に閉じ込めれらていた

ナルl ックロネ
나를 끌어내
僕を引っ張りだすよ

チョm ド バラ イゴスl
좀 더 발악해 이곳을
もっと あがいて ここから

run away
I’m on the Hellevator

ナn オl ラガl ケ
난 올라갈게
僕は上がっていく

オドゥウォットn ネ クヮゴ タl チュ
어두웠던 내 과거 탈출해
暗い過去から抜け出して

ネ ッカmッカメットn アpキルl ピチョ
내 깜깜했던 앞길을 비춰
真っ暗な行く手を照らし

チョボリl ドゥッ チギョウn シガn
미쳐버릴 듯 지겨운 시간
狂いそうなほどうんざりした時間を

チョジョ ボリl ドゥッ
잊혀져 버릴 듯
忘れてしまえるように

イ ギルl ットゥィオ
이 길을 뛰어
この道を走って

ウェミョnハドn
외면하던
目を背けていた

セロウn シジャ チョŋソリガ ウl リミョ
새로운 시작의 종소리가 울리며
新しい始まりの鐘が鳴り

ナヌn オl ラタッ
나는 올라탔지
僕は乗り込んだ

ネ ソヌl チャpコ
내 손을 잡고
僕の手をとって

nトゥハウスロ テリョダ ジュl
펜트하우스로 데려다 줄
ペントハウスに連れていってくれる

My Hellevator

I'm on a Hellevator
My Hellevator
I'm on a Hellevator



【Hellevator】
作詞作曲:아르마딜로, 방찬 (3RACHA),
서창빈 (3RACHA), 한지성 (3RACHA)
2017-11-01

[こちらもおすすめ]
District 9 - Stray Kids

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

Artist

韓国ドラマOST

人気記事

 1位

 DON'T TOUCH ME

 Refund Sisters

 2位

 FEVER (Feat. 수퍼비, BIBI)

 J.Y.Park (パク・ジニョン)

 3位

 Please Don't Leave Me

 J.Y.Park(パク・ジニョン)

 4位<シークレットガーデン>

 その男

 ヒョンビン

 5位

 呼ぶ

 ソ・イングク

 6位<梨泰院クラス>

 始まり

 Gaho

 7位<大君~愛を描く~>  Love Is So Mean

 ソン・スンヨン

 8位<愛の不時着>

 Sunset

 Davichi

jypnwe.jpeg  9位

 When We Disco

 J.Y.Park(Duet with ソンミ)

 10位<空から降る一億の星>

 Lost

 アン・ジヨン

 

Profile

 

管理人:チョア


韓流沼の住人、いるぼんさらむ。

現在TOPIK5級。


パッチムは発音記号で、

激音(息を強く吐く音)はピンクの文字で示しました。


リクエスト・間違い・リンク切れなど、 各記事コメント欄よりお気軽にどうぞ♡

その他、直接のコンタクトには、 下記メールフォームをご利用ください。

私の個人メールに届きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: